将軍と王様

趣味(まとめ)

将棋とチェスはどちらもボードゲームの代表格であるが、

『討ち取った駒をどうするか』

という点において、両者には大きな違いがある。

 

前者は活かし、後者は殺す。

 

この点が将棋をより、面白いものにしているらしい。

戦術の幅が、文字通り無限に広がってしまうそうだ。

 

AIによりオセロ、チェスなどのボードゲームが駆逐され

コンピュータ最強説が叫ばれる中、

この無限の可能性により、将棋には戦いの余地が残されている。

 

この、『敵を味方に』という発想が極めて日本的という人もいる。

島国の限られた領土をどう区分するか、限りある資源をどう活かすか。

欧米のような侵略戦争ではなく、領地拡大の権力闘争という背景があるのかもしれない。

 

まあ、将棋をしたことがないので、駒の動きすら知らないんですけど。

一時期、熱狂的にはまった五目並べが私の全盛期です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました