与えよ、さすれば与えられん。

感銘人物書籍等(日々成長)

3種の人間がいる。giver, taker, matcher.

giver:与える人。見返りを求めない。25%

taker:もらう人。ただただもらうだけ。19%

matcher:もらった分だけ与える人。56%

 

一番幸福度が低いのは誰か。ギバーである。

与えるのみをただひたすら繰り返すと疲れてしまう。

搾取され、枯れる。

 

では一番幸福度が高いのは誰か。

 

これもまた、ギバーなのである。

なぜか。

そこには、マッチャーの存在が大きく関わっている。

 

ギバーからしてもらった分マッチャーはお返しをする。

マッチャーは相手がテイカーだと気づくとやめる。

ギバー同士では高めあう。

その結果、ギバーの幸福度が最も高くなるのである。

 

情けは人の為ならず。ということわざの通り、

自分を成長させる糧となるが、与える相手はよく見たほうが良い。

好きな言葉の一つにアインシュタインの

『THE VALUE OF A MAN SHOULD BE SEEN IN WHAT HE GIVES AND NOT IN WHAT HE IS ABLE TO RECEIVE. 』 (人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。)

 

というものがある。

自分に何ができるのか。まずはアウトプット。

コメント

タイトルとURLをコピーしました